納骨堂の利用率

仏壇

納骨堂とはどういう物なのか

首都圏を中心に、納骨堂の存在が注目されています。この納骨堂とは、故人の遺骨を納める施設のことです。現代の墓、土地不足を救う手段として、その需要は高まっています。 納骨堂にも、いろいろな種類があります。まず一般的なのが、自動搬送式タイプのものです。これは、遺骨を納める骨壺が自動搬送式で別の場所に保管されているのが特徴です。お参りしたい場合に、骨壺が自動的に搬送される仕組みです。 その他にも、ロッカー式の納骨堂もあります。これは、普通のロッカーと同じ形式です。ロッカー内の前面に位牌が置かれ、奥の扉に骨壺を保管しています。 その他にも、仏壇式の納骨堂もあります。これは見た目が仏壇で、中に位牌やお供え物を置けるスペースもあります。上部に位牌があり、下部に骨壺を収蔵できるスペースがあります。

使用すると得られる色々なメリット

納骨堂を利用すると、色々なメリットがあります。まずは、交通の利便性が優れていることです。普通のお墓だと辺鄙なところにあるので、通うのに困難です。ですが、納骨堂は立地がよく、駅から徒歩圏である事が多いです。なので、お年寄りが通いやすいといえます。 その他のメリットは、なんと言っても費用が安いことです。一般のお墓は、墓石費用などを加味すると150万円以上かかります。その他にも、永代使用料、年間管理費、お布施など定期的に出費がかさみます。ですが、納骨堂は費用が安く、30万円くらいで済みます。ただし、年間管理費が発生する納骨堂もあるので、事前の確認が必要です。また、納骨堂は永代供養墓なので、遺骨の承継問題が発生することはないです。