葬儀などの意識変化

手を合わせる男女

変わりつつあるお墓の事情

葬儀や墓といったものに対する意識が、近年では変わりつつあります。 一昔前だったら、近所づきあいのある人や知人、友人と親戚などに知らせての盛大な葬儀を行っていましたが、昨今の流行はできるだけ小さく済ませてしまうことです。 大体が家族だけで行う家族葬が、多くなってきています。 式典そのものも、華やかなものよりは地味なものや、値段の控えめなものが好まれる傾向にあります。 これらは生前の故人の遺言で、残されている場合があるのです。 終活という言葉も、浸透し始めています。 そして葬儀終了後には、納骨の儀式などもあるのですが、この墓に関する概念も変化が見えるのです。 従来だったら故人の骨は荼毘にふされた後で、先祖代々の墓に入れられます。 しかしそれでは嫌だとする人が、増えてきたのです。 そこで最近増えつつあるのが、夫婦墓になります。

夫婦墓も選択の一つになります

夫婦墓とは、一言で表すならば夫婦ふたりだけが入ることができる墓のことです。 夫の家が先祖代々受け継いできた墓とは、別に夫婦のためだけに建立します。 受け継ぐべき子供がいない夫婦ふたりだけの家庭に、この夫婦墓を選択する傾向があります。 夫婦墓を建立し、ふたりで納骨した後は墓を守る人がいないので、永代供養墓として予めお願いすることが必要です。 いくら払うのか、どれくらいの期間でということは、霊園やお寺によっても違ってきます。 また永代供養墓の依頼をするのは、夫婦墓だけではなく確実に墓守がいなくなる先祖代々の墓も同じく決断しなければなりません。 墓守のいなくなったお墓は、事前に手続きをすませておかないと無縁仏になってしまいます。 現代ではお墓に関しての選択の幅は、広がりつつあります。 現実から目をそらさないで、慎重に考えて行動しましょう。