手を合わせる男女

葬儀などの意識変化

葬儀関連の意識が年々変わってきます。葬儀など近所付き合いのあった人なども参加していました。しかし、現在は出来るだけ小さな規模で済まそうということが多くなりました。

Read more

仏壇

納骨堂の利用率

最近では、施設に遺骨を納める納骨をする人が増えました。これは、墓や土地などが不足しているからだとも言えます。納骨堂は、様々な種類があります。どのうような納骨をするか遺族で話しあいましょう。

Read more

霊柩車

都内の霊園

都会など土地が高いというイメージが定着しています。しかし、都内の郊外は、新しく出来た霊園が比較的価格の低い値段で販売が行われています。購入の際は、抽選の場合もあります。

Read more

終活は大事

祭壇

終活の一環として考える必要があることとは

最近、終活が人気です。子供に迷惑をかけたくないという高齢者が増加しているからです。特に、遺産相続や墓の問題に注目が集まっています。昔ほどに兄弟間の力関係がはっきりしなくなった現在では遺産相続でも骨肉の争いと言われるような問題が起こりがちです。仲の良かった兄弟同士でも、社会に出ると様々な競争にさらされるようになります。社会的に成功して裕福に暮らす人もいれば、収入は少なくても幸せに暮らす人もいます。逆に、常にローンや借金に追われるような生活をすることになってしまう人もいます。そういった事情が複雑に絡みあうことが遺産相続争いです。これを避けるために、遺書をきちんとした効力を持つ公正証書として残すことが推奨されています。

遺産相続の次に考えたいこととは

遺産相続問題の次に考えたいことがあります。それは、お墓の問題です。昔は必ずどこの家にも跡継ぎがいるものでした。しかし、昨今の少子化によって長男や一人っ子と言われるような跡継ぎが結婚などで家を出てしまうことも珍しくなくなりました。当然、跡継ぎはいないということはお墓を守る人はいなくなります。これを阻止しようとして無理に跡を継がせる家もあります。ただ、ほとんどの家はご先祖様よりも子供未来を大切に思い、永代供養や墓を無くすことを決断することがほとんどです。墓を無くしても、共同の納骨堂を使用すれば何の問題もありません。共同の納骨堂であれば法要も不要ですから費用の負担が少なくて済みます。墓地の無い都市部でも納骨堂が普及してきています。新しい埋葬の形である納骨堂も検討してみることをおススメします。